海岸パトロール of 公益財団法人かながわ海岸美化財団

bb20.jpg

HOME > 財団の概要 > 事業概要 > 海岸清掃事業 > 海岸パトロール

海岸パトロール

top_about6.jpg

財団では、横須賀市走水海岸から湯河原町湯河原海岸までの約150kmに及ぶ自然海岸を5つのエリアに分けて、パトロールを毎日実施しています。

エリア分け

ⅰ横須賀三浦駐在事務所
(ア)横須賀葉山パトロールエリア:横須賀市、葉山町
(イ)三浦パトロールエリア:三浦市
ⅱ本部
(ウ)東パトロールエリア:逗子市、鎌倉市、藤沢市
(エ)西パトロールエリア:茅ヶ崎市、平塚市、大磯町
(オ)西湘パトロールエリア:二宮町、小田原市、真鶴町、湯河原町

パトロール対象地域を上記(ア)~(オ)の5エリアに分け、3名のパトローラーがそれぞれ1日1エリアを確認しています。基本的に同じ海岸を1週間に2回パトロールしています。

作業内容

ⅰごみの漂着状況の確認
各海岸を巡回し、定点で海岸状況を写真撮影し、汚染状況の評点を記録します。帰所後16時半までに「海岸パトロール報告書」を作成し、当日中に関係職員に回覧をして、海岸状況の内部共有化を図ります。
ⅱ業者確認作業
当日、清掃作業を行っている委託業者・団体の清掃の確認及び現場との情報交換等をします。
ⅲ直営清掃4-8.JPG
散乱ごみが目立つ場所を清掃します。
ⅳボランティアごみの回収
海岸各所に置かれているボランティアのごみを回収します。

使用車両

4-9.JPG美化財団では、パトロール用車両として、軽ダンプと1tダンプを使用。海岸内を走行するため、あえて重量の軽いクラスの4WD車両を選択しています。
荷台はステンレス張りにし、アオリを高くし、下回りは、防錆塗装などの工夫を施しています。