海岸ごみの内訳1 of 公益財団法人かながわ海岸美化財団

billboard_gomi.jpg

HOME > 海岸ごみについて > 海岸ごみの内訳1

海岸ごみの内訳1

top_gomi3.jpg

平成5年度から平成15年度までの11年間に、財団が処理した海藻・可燃ごみ・不燃ごみの割合の平均値は次の様になります。

海藻・可燃ごみ・不燃ごみの割合

graf2.jpg海藻が約63%、可燃ごみが約25%、不燃ごみが約12%という内訳になり、海藻が6割強を占めています。(図1)

自然系ごみと人工系ごみの割合

graf3.jpg図1と同様、海藻を含めた全体の海岸ごみを自然系と人工系に分類したのが、図2です。
人工系ごみが20.6%、自然系ごみが79.4%となり、自然系ごみが全体の約8割を占めています。